現代農業WEB

〈期間限定公開は終了しました〉【農機のあるあるトラブル】第8話:油断大敵! 油切れが事故の元

和歌山・長田保文

ふだん農機具を使っていて、ヒヤリとした体験はありませんか?農機は農家の手足ともいえる大事な道具。安全に、快適に、長く使いたいですよね。現代農業2019年から2年間にわたって連載され、好評だった「農機のあるあるトラブル」全17回分を、毎週一話ずつ期間限定で公開していきます。

農業情報サイト「ルーラル電子図書館」の個人会員の方は、こちらから全17話をまとめてお読みいただけます。

ガタガタいうほど摩耗している

 昔から「油断大敵」の油断は、油を断つと書きますよね。モノラック(モノレール)を長持ちさせたり事故を未然に防ぐためには、とにかく油を切らさないことが大切です。

 油切れで即動かなくなるわけではありませんが、重い荷物を積んで急斜面を走ったりカーブを曲がったりして、その振動は相当な負担です。ガタガタ、ガチャガチャするということは、それだけいろいろな箇所が摩耗するということです。

*月刊『現代農業』2019年11月号(原題:油断大敵! 油切れが事故の元)より。情報は掲載時のものです。

【農機のあるあるトラブル】公開予定

*ルーラル電子図書館の個人会員の方は、こちらから全17話をまとめてお読みいただけます。

◆「農機のあるあるトラブル」の連載も全部読める農業情報サイト「ルーラル電子図書館」のご入会案内はこちら↓