現代農業WEB

令和6(2024)年
5月28日 (火)
皐月
 赤口 壬 辰
旧4月21日

あああ

ホーム » 2022年 » 12月号 » 〈炭 じゃんじゃんやいてじゃんじゃん使う〉なるほど、根張りはこんなに違う

〈炭 じゃんじゃんやいてじゃんじゃん使う〉なるほど、根張りはこんなに違う

現代農業2022年12月号の特集「モミガラくん炭&竹炭」とあわせて読みたい過去の記事を期間限定で公開します。こちらは2010年11月号の記事。竹炭を入れると、作物の根張りが驚くほどよくなり、病気にも強くなります。

竹炭(編集部撮影)

島根県農業技術センター・野田滋

竹炭で夏でもホウレンソウ増収

 竹炭はホウレンソウと相性がよく、連作障害を回避できたり、長期間連作が可能になったり、施用しない畑に比べて収量が20~80%増収したり、さらに栽培が難しい夏に効果が大きいことなどをこれまでに紹介してきました(2007年5月号参照)。

 竹炭を入れたほうが株が大きくなり、生育促進効果もあるようです。作物は根から水や養分を吸収して大きくなりますが、竹炭を入れると根の活性が高まり、養水分吸収能力がよくなって生育が早まると思われます。

 そこで今回は竹炭と根張りについて、ホウレンソウのみならずキクやトマトなど他作物の例も交えながら紹介します。

炭は粉より塊のほうが持続力が高い

この記事の続きはルーラル電子図書館をご覧ください

*月刊『現代農業』2010年12月号(原題:なるほど、根張りはこんなに違う)より。情報は掲載時のものです。

この記事が掲載された現代農業2010年12月号「じゃんじゃんやいてじゃんじゃん使う 炭」では、次の記事なども収録されています。

  • 竹炭堆肥、じゃんじゃん使って1俵3万6000円の米
  • 農業用に最適!ポーラス竹炭
  • 炭って何なの?

これらの記事はルーラル電子図書館でもご覧いただけます。