現代農業WEB

2022年3月号のイチオシ

今月の特集「今こそ、鶏糞大活躍!」

\特集記事はぜひ本誌でごらんください!/

肥料代減らせて地力アップ
肥料代高騰で、またまた糞に熱視線。
チッソ分が多くて、安い、 化成肥料の代わりになる。
有機物をうまく組み合わせれば、地力アップも手早くできる。

サトちゃん流ダブル管暗渠施工 下 塩ビ管で、水をスムーズに流す

福島県北塩原村・佐藤次幸さん

取材時の動画が、ルーラル電子図書館でご覧になれます。

マークは本誌134ページに用語解説あり
マークのついた用語にマウスカーソルを合わせると、用語解説が表示されます(PC表示のみ)。

サトちゃんこと佐藤次幸さん。昨年バックホーを購入し、暗渠の自主施工に挑戦した(写真はすべて倉持正実撮影)

稲作作業名人のサトちゃんは、昨年暗渠を自作し転作圃場の排水改善にチャレンジした。目標は、ソバのよく育つ畑。前回(1月号)は、バックホーでの穴の掘り方を紹介した。今回は、暗渠管の作製と設置について――。


カキ 脚立なし、樹を見下ろして収穫!?(中)主枝と成り枝のつくり方

和歌山県紀の川市・田口晃さん

取材時の動画が、ルーラル電子図書館でご覧になれます。

マークは本誌200ページに用語解説あり
マークのついた用語にマウスカーソルを合わせると、用語解説が表示されます(PC表示のみ)。

二本主枝・一文字仕立てのカキの樹と田口晃さん(写真はすべて依田賢吾撮影)

 1月号では、和歌山県の田口晃さんが考案したカキの「二本主枝・一文字仕立て」を紹介した。この樹形の最大の魅力は「脚立いらずの低樹高」で「高品質のカキを多収」できるところ。「安全、快適、楽しい」から100歳現役も目指せる。


リンゴの気持ち 樹の生理10 マルバ台開心形のせん定

茨城・黒田恭正

取材時の動画が、ルーラル電子図書館でご覧になれます。

主枝の元枝をはずす 隣り合う主枝(AとB)の真ん中(カメラの位置)に立って見たときに、主幹上のラインを越えて伸びた元枝(C)を切る(写真はすべて依田賢吾撮影)

 今月は、前回(1月号)に引き続きリンゴのマルバ台開心形についてです。

6〜10年目までの管理

▼せん定に三つの法則あり

 6年目以降、主枝候補枝を健全に育成し、主枝の生育の妨げになる枝を順次外していく。主枝につける側枝の性質を見極め花芽のつきやすい枝(現代農業21年9月号p196)を残し、徒長させないようにバランスよく育てることが大切である。


84歳の農家直伝 軽トラ1台でシイタケ原木を搬出する方法

大分県日田市・長谷部重孝さん

取材時の動画が、ルーラル電子図書館でご覧になれます。

切って搬出したばかりの原木に駒打ちする長谷部さん。2〜3月に原木を伐採する「春切り」(寒切り)(現代農業2019年3月号p216、5月号p222)だから、「秋切り」の原木と違って乾燥のために積み直す必要もない(戸倉江里撮影、以下表記がないものすべて)

シイタケ原木の伐採・搬出・玉切りは重労働だが、長谷部重孝さん(84歳)は、1人でもラクに早くできる方法があるという。運搬車も使わず軽トラだけで原木を引っ張り出し、その場で玉切りして運び込む……。その様子を見せていただいた。(2021年2月末に撮影)


ここが変だよ 日本の有機農業 第2回 自給率が低くては、有機農業拡大はできない

西尾道徳みちのり

物質循環のネックは遺伝子組み換え飼料

 食品の国際基準を作るコーデックス委員会の、有機農業に関するガイドラインには「有機農業は、生物の多様性、生物学的循環及び土壌の生物活性等、農業生態系の健全性を促進し強化する全体的な生産管理システム」で、「動植物の廃棄物を循環利用して養分を農地に還元し」「地域の農業システムの再生可能資源を活用する」と記述してある。強調されているのは「循環」である。

読み方案内

4月号の主な記事(予告)3月5日発売、編集後記

今月の立ち読みPDF

あっちの話こっちの話

  • ツヤツヤなジャガイモの秘訣は落ち葉――愛媛から
  • モミガラをどんどんやけるくん炭製造機――愛媛から
  • 目玉焼きに輪切りリンゴ――大分から
  • リンゴのネズミ害にリンゴのワナ――青森から
  • 今、農系ポッドキャストが熱い!――和歌山から

農文協出版案内