現代農業WEB

令和6(2024)年
4月25日 (木)
卯月
 先勝 己 未
旧3月17日

あああ

ホーム » 栽培のコツ » 山・特産 » 2024年4月号(特集 : 持続可能すぎる資源 竹活で竹やぶ減らし)の読みどころ案内

2024年4月号(特集 : 持続可能すぎる資源 竹活で竹やぶ減らし)の読みどころ案内

全体トビラ

持続可能すぎる資源 竹活で竹やぶ減らし

今年も竹が気になる季節がやってきました。「竹やぶが厄介」なのは「皆伐すれば、ハイおしまい」とはいかないからですよね。一度切ってもどんどん生えてきて畑や家に迫ってくるし、放っておくと景観が悪くなるばかりか、獣のひそみ場にもなってしまいます。でも見方を変えれば、竹は無限に出てきてくれる持続可能な地域資源。今回(2024年4月号)は、誰でもできる竹林整備のやり方や、切った竹を貴重な資源に変えていくためのさまざまな「竹活」(たけかつ)を紹介します!

放置竹林を攻略せよ

まず、いざ竹を減らそうとしても放置竹林は足場が悪いし、切った竹を持ち出す隙間もありません。「竹やぶ減らし 初めの一歩」コーナーでは、竹をその場で重ねて「棚」を作って足場にする方法や、竹やササを切り倒しやすい道具を紹介。竹の枝葉が大食漢の馬の最高のエサになるという記事も注目です。

竹活
巷ではすっかり有名になった竹やぶ減らし法「竹の1m切り」。今号で「新・1m切り」とともにその基本をおさらいしよう!

畑で使う

せっかく切った竹は、畑でもとことん使いたい。「畑で竹活」では、竹パウダーによる土や作物への効果、支柱や獣害防止柵として使い倒す方法などがわかります。

イベントで使う

竹はイベントでも大活躍。「BBQで竹活」では、鉄の網ではなく青竹を網にしてお肉を焼く方法が登場。お肉が甘くてふっくらするのだとか! 子供達にも竹の魅力が伝わる工夫が満載です。

タケノコで稼ぐ

竹活-
え!タケノコって春以外にもとれるの?記事では、タケノコを一年中とるための期待の9品種を紹介

「竹活メンマ、全国に拡大中!」では、メンマの新たな食べ方を提案。タケノコをとり遅れてしまった竹林でも、1.5~2mに伸びた幼竹をとってメンマをつくればお金を生み出せます。

そしてやっぱりお楽しみはタケノコですね。「タケノコで稼ぐ」では、品種を組み合わせて周年出荷する方法や、絶品白子タケノコをとる竹林整備の方法を教えてもらいました。

竹やぶを地域の宝に――そんな実践者の思いが詰まった特集となりました。

その他のコーナーも見どころ満載です。タイトルだけですが、ご案内します。

置くだけ定植
2023年に話題となった「置くだけ定植」。作業がラクなだけでなく、病害虫も減るなどのメリットも。今号ではその広がりと新情報を紹介。

【みんなで農!】キュウリってね、節の数を稼ぐほどたくさんとれるんですよ

【稲作・水田活用】密着 庄内青年部の稲作巡回 苗の見方を教わった

【野菜・花】続・置くだけ定植

【果樹】火傷病でゆれる ナシとリンゴの受粉は脱・輸入花粉で

【山・特産】露地コゴミの増やし方

【畜産】尾枕なしの子牛をめざして 離乳編

【くらし・経営・地域】超おいしい! 土手のカラシナ大活用

今月号のイチオシ記事を読む

 2024年4月号の試し読み 

試し読み
【竹活で竹やぶ減らし】青竹で絶品竹網BBQ
④
超おいしい!土手のカラシナ大活用
②
園地まるごとモミガラ&米ヌカ発酵 超早出し白子タケノコ
⑤
農業で人を雇う時、ここだけは知っておきたいポイント
③
生育を比較してみた! タンニン鉄育苗で根っこが増える

今月号のオススメ動画を見る

竹パウダーでミニハクサイの元肥半減
竹やぶに通いたくなる!竹林整備講座竹の切り方棚の作り方
竹の切り倒し方
竹パウダーでミニハクサイの元肥半減、収量3割アップ

動画は公開より3ヶ月間無料でご覧いただけます。画像をクリックすると「ルーラル電子図書館」へ移動します。

今月号の「現代農業VOICE」を聴く

「現代農業VOICE」は、記事を音声で読み上げるサービスです。画像をクリックするとYouTubeチャンネルへ移動します。