現代農業WEB > 2022年 > 2月号 > 無施肥でやってみて、育った品種、育たなかった品種

無施肥でやってみて、育った品種、育たなかった品種

脱サラ・就農して3年目。ブルーベリーを無農薬で栽培し、観光農園を運営しています。自家消費の野菜などは、基本的に無肥料無農薬の自然農法的な育て方を…

有機農業に向く品種

無施肥でやってみて、育った品種、育たなかった品種

長野・神崎辰哉

筆者(39歳)

古い品種が結構合っている

 脱サラ・就農して3年目。ブルーベリーを無農薬で栽培し、観光農園を運営しています。自家消費の野菜などは、基本的に無肥料無農薬の自然農法的な育て方をしています。

 F1品種なども育てることがありますが、多くは化学肥料と農薬の使用を前提として育種されていると思います。自然農法的な育て方をすると、初期生長が悪くなるなどミスマッチが起こってしまい、ポテンシャルを生かしきれていないように感じます。固定種で少し昔の品種のほうが私の栽培にはなじみやすいので、最近は古い品種を選んでいます。

 肥料を減らすことは、病虫害の被害削減につながります。無農薬栽培を考えるに当たっては、少肥や無肥料に近づけていくことが大切で、なるべく少肥で育つ品種(菌根菌との共生能力が高い品種、など)が望ましいと考えています。

無肥料でも育った品種

 以下に紹介するのは、私が実際に無肥料・無農薬で露地栽培した品種です。どれも草勢が強く、無肥料でもよく育ち十分収穫できました。

トマト「ブラジルミニ」

(自然農法国際研究開発センター)

 花房の数は少なめですが、無肥料でも多収できます。あまりわき芽をかかず複数本仕立てにすることで、根が伸びるのか、持ち味が生きてくるように思います。とれ始めはあまり味が乗りませんが、9月頃からグッとおいしくなり、他のトマトと旬がずれるのもいい点です。青枯病なども一切発生しませんでした。

ブラジルミニ(写真提供:自然農法国際研究開発センター、以下*も)

ピーマン「カリフォルニアワンダー」

(たねの森など)

 比較的古い品種で、苦みが強いという評価もあるようです。うちで育てたものは、肉厚で味が濃くておいしく、それほど苦い印象はありませんでした。寒さや霜にかなり強く、11月上旬まで収穫できました。

カリフォルニアワンダー(赤松富仁撮影)

ピーマン「浜クロピー」

(カネコなど)

 虫害が少なく、ニジュウヤホシテントウ以外は被害がありませんでした。

トウモロコシ「ゴールデンバンタム」

(たねの森など)

 他のトウモロコシと比較し、かなり少肥で育ちました。また、無農薬でもアワノメイガの被害がほとんど見られませんでした。最近のスーパースイート系と比べて甘みは少なく、最初は「薄いかな」と感じましたが、慣れるとその自然な甘みを「旨い」と感じるようになります。

ナス「黒小町」

(自然農法国際研究開発センター)

 植物ホルモンを生かす「垂直仕立て」にしたら、強い草勢がさらに強くなり、よく育ちました。病気も少なく、害虫もニジュウヤホシテントウ以外は被害がありませんでした。

黒小町(*)

スイカ「シュガーベイビー」

(グリーンフィールドプロジェクトなど)

 苗をつくらなくても直播きでOKでした。雨にも強いため、露地でも病気などが発生しにくい。実は小玉で、強い甘みが特徴です。

シュガーベイビー

カボチャ「バターナッツ」

(タキイなど)

 これも雨に強く、露地でも病気などがあまり発生しませんでした。

無肥料では育たなかった品種

 反対に、無肥料無農薬の露地栽培で育ちが悪くなった品種が、ナスの「千両二号」(タキイ)とミニトマトの「アイコ」(サカタ)です。どちらも初期生長が悪く、生育後半は環境に適応したようでしたが、収穫期間が短くなってしまいました。

 苗の良否も生育に影響するので、良質な苗の入手、生産も大切だと感じています。また、自分でタネを採ることで、環境に適応していくと考えています。

(長野県安曇野市)

*種苗メーカーの問い合わせ先は本誌p294


自家採種入門 生命力の強いタネを育てる

中川原敏雄・石綿薫 著

在来・地方品種を地域ブランドとして見直したり、有機無農薬栽培にあった品種を求めて自家採種したり、家庭菜園でも自家採種してマイ品種の栽培を楽しむ方も増えている。本書は、自然農法センター農業試験場で、不耕起・無肥料・無農薬の自然農法にあった、根張りが良く生命力の強い品種育成に携わってきた著者が、野菜ごとに異なる他殖性・自殖性、近交弱勢などの生殖特性、栄養生長型・生殖生長型の品種特性、系統選抜・分離選抜等の育種・選抜法、採取、さらには野菜自らが選抜・育種する自然生え育種法までわかりやすく解説。

農家が教える タネ採り・タネ交換

農文協 編

『現代農業』のタネ採り、タネ交換の記事をベースに新たな記事を加えてまとめた。「どんな野菜でも採れるの?」「タネはいつ採ってもいいの?」「交雑してヘンな品種ができてしまうのでは?」などといったタネ採り初心者の疑問や不安にやさしく答える。タネを採れば、自分の畑に合った強いタネにすることができる。市販のF1品種でも年数さえかければ強化できる。そんなタネを交換しあう交換会も全国にある。本書では全国タネ交換会一覧や、タネ交換できる農家の連絡先リスト、タネ屋推薦タネ採り向き品種リスト、作物別さくいんも収録。
≪現代農業 別冊 タネ採り・タネ交換の本(2021年1月号)の書籍版です≫

今さら聞けない タネと品種の話 きほんのき

農文協 編

タネや品種にまつわる今さら聞けない基本的かつ大事なポイントを、ギュッと一冊に。第1章は「タネと品種のQ&A」。「ソラマメ20mlって何粒?」「タネの寿命って何年?」など、タネ袋やカタログの情報の見方から、タネの生産・流通の仕組みまで紹介。第2章は「図解 野菜のルーツと品種の話」。人気の野菜15種について、原産地やおもな系統、品種の特徴や選び方などを図解に。第3章は、「農家・育種家の品種の見方」。ベテラン農家のカタログの読み方や、育種家による品種の特性の生かし方の解説など。
★現代農業別冊 タネと品種の話(2020年3月号)の書籍版です。

野菜の作型と品種生態 基礎からわかる!

山川邦夫 著

作物がおいしい「旬」は地域ごとに異なる。旬に作ることで、加温したり、無理な作型で病害防除に追われたりすることも少なくなる。作りやすい作型を理解することは「エコロジー」にもつながる。旬の作型を知るには、まず各作物・品種がもつ生態を理解することである。生態を知り、地域の気候条件と会話をすれば、自分の作型のデザインが始められる。作型が広がることもあるかもしれない。本書は、作物の生理・生態から作型を理解し、活用していくための実践ガイド。(本書まえがきより)