現代農業web > 2022年 > 1月号 > 2022年1月号のイチオシ「農家の菌活 最前線」

2022年1月号のイチオシ「農家の菌活 最前線」

カラスウリから酵母菌、 玄米から乳酸菌や納豆菌…… 身のまわりにいる菌を捕まえて、殖やし、存分に活かす。 農家の菌活の工夫は、とどまることを知らない。 作物へのワクチン効果や発根効果など、 最強の菌活を実現するための新知見も続々。

巻頭特集

土着菌を捕まえる、存分に使う

カラスウリから酵母菌を、ムギワラから納豆菌を採る

佐賀県唐津市・ラマ カンチャさん

取材時の動画が、ルーラル電子図書館でご覧になれます。

手に持っているのはカラスウリ(写真はすべて赤松富仁撮影)

 ネパール出身で、今は日本で農業をしているラマ カンチャさん。土着菌には日頃から慣れ親しんでいて、自らせっせと培養しては、かん水と一緒に流し込んだり、「太陽熱養生処理」に利用したり、発酵液肥をつくったりしている。


100歳現役も夢じゃない 果樹の樹高栽培

脚立なし、樹を見下ろして収穫!?(上)
カキの二本主枝・一文字仕立て

和歌山県紀の川市・田口晃さん

取材時の動画が、ルーラル電子図書館でご覧になれます。

マークは本誌195ページに用語解説あり
マークのついた用語にマウスカーソルを合わせると、用語解説が表示されます(PC表示のみ)。

収穫直前の樹上脱渋のカキ(刀根早生)と田口晃さん(2021年10月7日、写真はすべて依田賢吾撮影)

年配の人も若い人もラクなのが好き

「100歳現役を目標にしとるんよ」

 そう豪語する田口晃さん(77歳)のカキ畑にお邪魔して、思わず息を呑んだ。目線より下の位置にズラリと果実がなっている……。


『現代農業』創刊100年記念企画

『現代農業』100年のあゆみ

楠本雅弘

『現代農業』の誌名改称経過

農家向け月刊誌では日本初

『現代農業』は2022年3月、創刊100年を迎える。学会誌や団体の機関誌にはいくつか例もあるが、農家向けの市販月刊誌が創刊100年を祝うのは、おそらく本誌が初めてであろう。ちなみに、広く読まれている『家の光』(家の光協会)は、1925年5月号創刊で、同97年になる。これに続くのが『農業および園芸』(養賢堂)と『農耕と園芸』(誠文堂新光社、旧『実際園芸』)の2誌で、1926年の創刊である。


読み方案内

2月号の主な記事(予告)1月5日発売、編集後記

2022年1月号の主張

農家・農村の〝主体形成〞とともに 『現代農業』創刊100年にあたって(上)


今月の立ち読みPDF

あっちの話こっちの話

  • 肥料効果も高いアブラギリ堆肥――鹿児島から
  • 落ち葉堆肥の育苗培土、熱殺菌のやり方――広島から
  • 柿酢にはまったのは、せん孔細菌病対策から――福島から
  • カレーにモモのすりおろし――山梨から

農文協出版案内