現代農業WEB

令和6(2024)年
5月28日 (火)
皐月
 赤口 壬 辰
旧4月21日

あああ

ホーム » 2021年 » 10月号 » タンニン鉄で ピーマンが甘くなった ニンニクのさび病が出なくなった

タンニン鉄で ピーマンが甘くなった ニンニクのさび病が出なくなった

宮城・小野寺潔

筆者(60歳)

 私は仙台市で野菜農家をしております。約1.5haで栽培する露地野菜を中心に、スーパーのインショップなどで販売しています。

『現代農業』2020年1月号「野菜には茶葉でタンニン鉄」コーナーを読み、「タンニン鉄で野菜の食味が向上する」という点に注目しました。インショップでは自分の名前を貼った野菜を販売するので、タンニン鉄栽培で食味が向上すれば、ほかと差別化できるのではと思ったからです。

定植前に圃場に散布、株元にも最低1回

 タンニン鉄は、京都府の新谷太一さんの作り方(2019年10月号p97)を読み返して参考にしています。500Lのタンクに茶葉5kg、鉄材は鋳物を切削加工したときに出る廃材を入れています。私の住む地域はお茶の産地ではないため地元ではクズ茶を入手できず、静岡の製茶工場さんに分けてもらいました。

 タンニン鉄は、播種・定植前に・・・

使用するタンニン鉄。クズ茶と鉄の廃材を水に入れて7日ほどで黒くなる

この続きは2021年10月号または「ルーラル電子図書館」でご覧ください

*月刊『現代農業』2021年10月号(原題:タンニン鉄で ピーマンが甘くなった ニンニクのさび病が出なくなった)より。情報は掲載時のものです。

今月号のイチオシ記事

 2021年10月号の試し読み 

今月号のオススメ動画

資材の混ぜ方のコツ

今号のオススメ動画は画像をクリックするとルーラル電子図書館へ移動します。動画は公開より3ヶ月間無料でご覧いただけます。

現代農業 2020年10月号

農文協 編

特集:土はどう変わる? タンニン鉄栽培 大盛り上がり

農家が教える 鉄 とことん活用読本

農文協 編

「森は海の恋人」運動でも注目されるミネラル分としての鉄。野菜を大きく育て、美味しくするタンニン鉄、イネの根腐れ対策や環境の浄化に活躍する純鉄粉など、驚きの鉄の効果、鉄資材の作り方使い方を大公開。