現代農業web > 2021年 > 12月号 > フレコンバッグから直接投入 超効率的モミガラ暗渠施工

フレコンバッグから直接投入 超効率的モミガラ暗渠施工

暗渠――土中の水を抜く陰の功労者

茨城県龍ケ崎市・(有)横田農場

 茨城県龍ケ崎市で約165haの圃場を管理する横田農場は、毎年秋〜冬に暗渠を自主施工している。新しく借りた圃場や排水性が極端に悪い田んぼを中心に、昨シーズンは総距離5kmもの本暗渠を入れた。本誌では作業効率化のプロ集団としておなじみの横田農場、暗渠施工ではどんな効率化があるのだろう――。

溝は2カ月前に掘った

 1月8日の午前8時、ひんやり冷えた朝凪の中で、横田農場のスタッフ4人は営営と施工の準備を進めていた。この日の作業はコルゲート管の設置と、疎水材のモミガラ詰め作業。このモミガラ詰めが、超効率的なんだとか。すでに現場には、モミガラがぎっしり詰まったフレコンバッグが、20袋以上置かれていた。

 暗渠の溝は、トレンチャーで掘るのが横田農場流。前年秋の収穫後、11月頃に掘ってしまったという。トラクタで引っ張るスクリュー式トレンチャーなら、秒速0.75mで作業可能。田んぼ1ha分の溝を1日で掘削でき、総距離5kmを1週間で集中的に掘ってしまうそうだ。

 溝の掘削時には、とくに細かい勾配は気にしない。この地域は地下水位が高いため、暗渠管は常に水没状態となるためだ。排水路から水がなくなる秋や春に乾きやすいよう、水みちを作るイメージだという。

写真右:今回施工する約10aの圃場。前年借りた土地で、ぬかるんで収量が低い。とくに乾きにくいアゼ際に暗渠を通すため、補助事業外で施工(下の写真「今回の暗渠の配置」参照)(写真はすべて依田賢吾撮影)
写真左:秋にトレンチャー「OM1000A」(ニプロ)で掘っておいた暗渠の溝。漏水位置が高い場所などでは、施工までの間に溝が狭まることがある

今回の暗渠の配置

横田農場では、多くの暗渠を国の補助金「農地耕作条件改善事業」の枠内で施工する。ただし補助を受けるには、暗渠管の配置や管の直径など、「地域の実施主体の定める工法」に則らないといけない(茨城では「暗渠管はアゼから5m以上離す」など)ため、自由に計画したい場合は事業外で施工する。

バックホーで吊り下げ走行

 さて、この日の作業は①モミガラ詰め→②コルゲート管入れ→③モミガラ詰め→④水閘すいこう設置の順。①の作業時に登場したのは、クレーン機能付きのバックホーだ。これでフレコンを吊り下げて、溝に沿ってゆっくり走行。バッグの下の口を開け、モミガラを溝に直接充填していく。なるほど、確かに速い、速い。みるみるうちにモミガラがなくなり、どんどんバッグを替えては詰めていく。

 コルゲート管設置後のモミガラ詰め(③)も同じように進め、10a圃場、約130mの暗渠管設置とモミガラ詰めが半日で完了。4人は次の圃場へと向かっていった。

クレーン兼用のバックホーでモミガラ入りのフレコンを吊り上げ、モミガラを排出しながら溝の脇を走行。棒などを使って均一に詰め、暗渠管が地面に触れないようにする

吊り下げたフレコンからモミガラ補充

モミガラが入ったフレコンを、バックホーで吊り下げて走行。フレコン下の口から溝へと落としていく。4人作業で、バックホーの操作、投入するモミガラの調整、フレコンの準備・片付けなどを分担する。

*クレーン兼用ではない通常のバックホーでの吊り下げには、作業可能な機体や吊り下げ重量など、労働安全衛生規則により定められた規定がある。

この日使った「トヨドレンダブル」。60mm径で、集水能力に優れる。50m巻きなので、継ぎ足し回数も少なく省力
モミガラを20〜30cmの高さまで詰めたらコルゲート管を設置。横の土に触れないよう、溝の真ん中に置く。角やつなぎ目ではノコギリで管を切り、ソケットでつなぐ
管の上にまたモミガラを詰める。目減りを減らして長持ちさせるため、足で踏み込んで隙間をなくす。大量のモミガラを使うため、フレコンは約10mおきに交換

自主施工なら半額以下

 同等の暗渠の施工を業者に頼んだ場合、材料費や人件費、重機の利用賃などを含め、10a20万円ほどかかってしまう。でも、自分たちで施工すれば、かかるお金はコルゲート管ぐらいで、燃料費を含めても半額以下ですむ。メリットは大きい。

 横田農場では今年、バックホーを更新。今後も自主施工を進めていく予定だ。165haの春・秋作業をスケジュール通り回す舞台裏には、冬の地道な暗渠施工がある。(編)


この記事には続きがあります。本誌68〜73ページをぜひご覧ください!

記事と一緒に 編集部取材ビデオ


農家が教える 農家の土木(別冊現代農業2021年12月号)

農文協 編

砂利道に轍ができて通りづらい、竹の根が物置にどんどん侵入してきた、大雨で田んぼの土手が崩れた……。むらの中にはそんな悩みが尽きないが、全部を業者に直してもらうとお金はいくらあっても足りない! そんなとき農家は自分たちで直して乗り切ってきた。農家のコンクリートやバックホーの使い方から砂利道のコンクリ舗装、水路の水漏れ補修、小さい田んぼをつないで大きくする方法、大雨に備えるむらのワザまで収録。ちょっとした補修は、自分でやった方が安い、早い、使い勝手がいいし、自分たちでつくって直すから愛着もわく。

農家が教える 軽トラ&バックホー

農文協 編

軽トラでは、荷台にフローリングを敷いて滑り易くすれば、荷物の積み下ろしがぐっとラクになる。また、荷物(袋)を荷台の内側に向かって傾くように積むことで、崩れを防止できる。このほか、荷台に取り付けるクレーンなどのアイデア器具、軽トラ乗り必修のぬかるみ脱出法やロープの結び方などを紹介。バックホーは小型タイプを中心に紹介。その基本の操作法から圃場整備の手順のほか、用途によって使い分けるアタッチメントなど。どちらも農家の手となり足となる頼もしい存在。その使いこなし方や役立つ情報が満載。
★2017年12月に出た「別冊現代農業 農家が教える 軽トラ&バックホー」を書籍化したものです。