現代農業WEB > 2022年 > 9月号 > 9月号の読みどころ案内

9月号の読みどころ案内

2022年9月号

特集:農家がつくれる最高級肥料 光合成細菌

 こうじ菌、納豆菌、乳酸菌、酵母菌と並んで、農家が手作りできる資材・パワー菌液とされる光合成細菌。これまで光合成細菌は種菌が入手しにくかったり、エサの配合がちょっと複雑で「菌マニア向け」の資材という印象がありました。しかし、今号でぐっとハードルが下がりました。なんと、米ヌカだけで培養できて、その分量も液体のわずか0.1%。大量に2tの菌液をつくるのに必要な米ヌカはたったの2kgと、超お手軽。これを畑に大量に散布した北海道の農家は、昨年の大干ばつによるジャガイモの不作をものともせず、肥料も堆肥もなしの光合成細菌散布のみの栽培で反収4.5t(慣行栽培の1.5倍)もの収量を上げています。(編

北海道・薮田さんがハウス内の池で培養している光合成細菌
無肥料、菌液のみ散布でつくる薮田さんのジャガイモ。1 株5 〜6 芽立て、各芽に100g 以上のイモが5 〜6個つく。細根が多い
図解でわかる光合成細菌

今号のイチオシ記事

〈肥料は光合成細菌だけ!〉プールで培養、原液散布、無施肥でジャガイモの収量4.5t
〈光合成細菌の殖やし方〉温泉水とえひめAIで爆速培養
〈炭疽病で痛い目に遭わない イチゴの育苗&定植〉夏に余裕ができた「未分化定植本圃増殖栽培」
ブドウ新短梢栽培 ワクワク奮闘記(11)害虫とのたたかい サビダニ編

順次公開します。お楽しみに。

今号のオススメ動画

見栄えよくロープを保管 えび結び
除草に大活躍!ガチョウ
除草に大活躍!ガチョウ
『1、3、2刈り』
『1、3、2刈り』
私にも「神の手」が! 内田式お産介助法で分娩事故がゼロになった
私にも「神の手」が! 内田式お産介助法で分娩事故がゼロになった

今号のオススメ動画は画像をクリックするとルーラル電子図書館へ移動します。

動画は公開より3ヶ月間無料でごらんいただけます。