現代農業web > 連載 > 農家直伝!びっくり料理 > 普通のピザかと思いきや!?まるごとタマネギピザ

普通のピザかと思いきや!?まるごとタマネギピザ

佐賀県白石町 JA白石地区

 白石地区は、有明湾に面した干拓地。盆前に収穫できる「七夕コシヒカリ」が有名で、レンコン、イチゴ、アスパラガスなどの栽培もさかんですが、タマネギは全国有数の産地です。

 タマネギの収穫は、トンネル栽培の極早生種が三月中旬から始まり、五月から六月初めにピークを迎えます。

 タマネギのピザは、レンコンとタマネギの料理を集めたレシピ集の中でも紹介されています。

 この他に、よく家庭で作られているタマネギ料理というと、かつおねぎと、イリコの和風サラダなどでしょうか。

 かつおねぎは、薄くスライスして水に放したタマネギの水分を切り、二杯酢をかけて、削り節と木の芽を飾るだけの小鉢料理。

 イリコの和風サラダは、薄く輪切りにしたタマネギ、醤油少々をかけたワカメ、煎ったイリコの三つを、醤油とマヨネーズと砂糖を加えたすりゴマであえた一品です。


タマネギのピザ

一見ピザ!? でもその下には…
これだけのタマネギが!!

【材料(4人分)】

・タマネギ 4個
・ベーコン 4枚
・ピーマン 3個
・マッシュルーム 1/2カップ
・ナチュラルチーズ 60g
・ケチャップ 適宜

※タマネギは冷蔵庫で冷やしておくと涙対策になる

【作り方】

1.タマネギを厚い輪切りにする

2.ベーコンは細切り、ピーマンは細い輪切り、マッシュルームは薄切りにする

3.フライパンに油を熱し、タマネギの両面をさっと焼く。このとき、輪がはずれないよう竹串をさすとよい

4.天板に3を並べ、2を散らし、ケチャップをかけ、チーズをのせる

5.チーズに焦げ目がつくまで、オーブン等で焼く

タマネギとツナのあえもの(5人分)

【材料】

・タマネギ 1.5個 
・ツナ缶 1/2個 
・マヨネーズ 60g 
・醤油 小さじ2 
・トウガラシ 少々 
・パセリ 1茎

【作り方】

1.タマネギを薄切りにして水にさらす

2.たっぷりの熱湯に1をさっとくぐらせ、ザルにとって冷ます

3.ツナにマヨネーズ、醤油、トウガラシをあわせておく

4.いただく直前に2と3をあえて、みじん切りにしたパセリを散らす

ピザの生地がタマネギなんです。驚きです。
180度にしたオーブンで焼くこと約20分。タマネギは甘くなって、焦げ目がついたチーズとよくあう。とてもおいしい。
食べられそう。お腹もいっぱいになる。赤ワインとパンで今夜の食卓にのせよう。家族の驚く顔が楽しみだ。

▼フライパンから天板に並べるとき、タマネギがバラバラにならないよう注意が必要。でも、フライ返しを使えば、まったく崩れなかった。

▼天板を省略し、フライパン一つで調理できないか試みたが、タマネギがいい焼き加減になっても、上の具材にはまだ火が通っていないし、チーズがとろける頃にはタマネギが焦げてしまって、バランスよくいかない。やはり、オーブンで火を通したほうがおいしい。


*月刊『現代農業』2005年5月号(原題:産地農家の食卓レシピ(5)タマネギピザ)より。情報は 掲載時のものです。