現代農業WEB

令和6(2024)年
4月25日 (木)
卯月
 先勝 己 未
旧3月17日

あああ

ホーム » 連載記事一覧 » あっちの話こっちの話 » 〈群馬から〉花粉症、ツクシ炒めで治っちゃう

〈群馬から〉花粉症、ツクシ炒めで治っちゃう

 渋川市に住んでいる狩野数良《かずよし》さんは花粉症に長年悩んでいました。今までスギの葉を煎じて飲んだり、ナツメの甘露煮を食べたりと、症状を軽くするといわれていることをいろいろ試してきましたが即効性なし。そこで『現代農業』2007年3月号でも紹介されたツクシを食べてみたところ、本当にくしゃみも鼻水も止まったそうです。

 ポイントは出たばかりで小さく、胞子を出していないものを選ぶことです。茹でたり煮たりすると成分が抜けて効果が落ちると感じた狩野さん、おすすめの食べ方はオリーブオイル炒めです。摘んできた一つかみのツクシの袴を取って、さっと洗って炒めるだけ。醤油と砂糖で味つけをして、これを食事とは別に薬と思って食べています。1シーズンに2、3回食べるだけですが、効果を感じているそうです。薬と違って副作用がないので安心して試せる方法です。


*月刊『現代農業』2019年3月号(原題:花粉症、ツクシ炒めで治っちゃう)より。情報は掲載時のものです。