現代農業WEB > 連載 > あっちの話こっちの話 > 〈岐阜から〉味噌の白カビはワサビで予防

〈岐阜から〉味噌の白カビはワサビで予防

 味噌樽を久しぶりに開けてみたら、白カビがビッシリ生えていてギョッとしたことはありませんか。味噌はもちろん、醤油も手作りのたまり醤油にこだわる飛騨市の岩塚眞喜子さんは、白カビ予防にいろいろなものを試しています。以前は朴葉や酒粕、塩などを使ったそうですが、最近友達に教わってとくに効果があったのは、ワサビです。

 使うのは一〇〇円ショップの練りワサビで十分。納豆の空きパックに一本丸々絞り出し、味噌にかぶせたラップの上に置いて、そのままフタをします。眞喜子さんも最初は「こんなのでホントに効くかな?」と思ったそうですが、見事にまったく白カビが生えなくてびっくりしたそうです。「ワサビの殺菌作用ってスゴイのね」と感心する眞喜子さんでした。


*月刊『現代農業』2008年1月号(原題:味噌の白カビはワサビで予防)より。情報は掲載時のものです。