現代農業web > 連載 > 農家直伝!びっくり料理 > 残りご飯が万能素材に!マヨネーズもドリアもマイピュレにおまかせ!

残りご飯が万能素材に!マヨネーズもドリアもマイピュレにおまかせ!

(写真と文 依田賢吾)

 もったいないと思いつつ、使い道に困る中途半端な残りご飯。これをマヨネーズやお好み焼き、はたまたシュークリームなどさまざまな料理に使える万能新素材にする方法が、いま話題になっている。

 「マイピュレ」と呼ばれるこの新素材。残りご飯を温め、水や牛乳と一緒にミキサーで混ぜてペースト状にしただけのものだ。料理になめらかさや粘り気、コクなどを加える効果があるため、小麦や油の代わりに使えるという。ふつうの家庭で簡単につくれるのも画期的だと。

 はたして、ご飯が油の代わりになるのか? そもそもおいしいのか? ということで、編集部でマイピュレからマヨネーズとドリアを試作してみた。

 結論を言ってしまうと、思った以上にうまい。言われなければご飯が材料だと気づかないくらい違和感もない。マイピュレ、いいじゃないか!

 残りご飯が役立てば、多めに炊くのもためらわない。全国五〇〇〇万軒の家庭が、週に一合(一五〇g)でも多く炊いたら? なんと、それだけで三九万tも米の消費が増える計算になる。マイピュレ、ぜひいろいろ試してみてください。

★マヨネーズ

油をいっさい使わないヘルシーな材料。カロリーは約80%オフ!

【材料】

・残りご飯 72g
・ 水 適量
・ 卵黄 2個
・米酢 16ml
・牛乳 10ml
・塩 5g
・砂糖  ひとつまみ
・コショウ 少々

【作り方】

1.温める

残りご飯を電子レンジで1分ほど温める。

2.混ぜる

ご飯と同量程度の水を加え、ミキサー(ブレンダー)で混ぜる。

3.これがマイピュレ

ご飯の粒がなくなり、ペースト状になった。

4.米酢、塩、砂糖、卵黄を加え、さらに混ぜる。

5.だんだんふんわりしてきた。硬さは牛乳を少しずつ加えて調節。味見をしつつ、塩、コショウで味を調える。

完成!!

油を使っていないのが信じられないくらいまろやかな味わい。

カレー粉やパプリカ粉を加えてスパイシーにしてもおいしい

★ドリア

1.ベシャメルソースをつくる

残りご飯と同量程度の牛乳を加え、レンジで2分ほど温める。マヨネーズのときと同様にミキサーでマイピュレを作ってから、調味料(塩、ナツメグ、チキンブイヨンそれぞれ適量)を加えてさらに混ぜ、牛乳で硬さを調節する。

2. ケチャップライスにベシャメルソースをかけ、チーズをのせて180度のオーブンで10分ほど加熱。

完成!

下(ケチャップライス)も上(ベシャメルソース)も残りご飯のドリア。バターも小麦粉もつかっていないのに、なめらかでコクのある味わい。ついでに言えば、油を使わないので洗いものもラク!

 「おいし過ぎる!」と子どもも大喜び!

レシピ協力:北岡飛鳥(ラ・カンパーニュ)
JA全農とABCクッキングスタジオが連携し、家庭で手軽に作れるマイピュレ・レシピなどを開発中


*月刊『現代農業』2016年11月号(原題「注目の新しい米の食べ方 マイピュレで残りご飯が万能素材に」)より。情報は掲載時のものです。