現代農業WEB

(広島から)絶品 青ジソのキムチ漬け

 庄原市の常泰《じょうたい》喜美江さんから、シンプルだけどとってもおいしい青ジソのキムチ漬けのレシピを教えてもらいました。

 まず、真水に浸けてアク抜きした青ジソを濃いめの塩水に一晩漬ける。この時、青ジソの軸を輪ゴムで束ねておくと出し入れがラクです。塩水から引き上げ水気を絞り、軸の固い部分を切り落とす。キムチの素をトレイなどに出し、青ジソの葉裏をさっとつけてはプラスチック容器の中に一枚一枚重ねていく。葉を全部漬け込むよりもこのほうが味が濃くなりすぎずおいしいそうです。100~200枚重ねたら、最後の1枚にもキムチの素をさらっとかけて冷蔵庫の中で1日置けば完成。冷凍すると1年以上持ちます。

 遊びに来たお客さんにこの青ジソをくるっと巻いたおむすびを振る舞うと「こんなにおいしいものは初めて」と絶賛。韓国には同じ作り方でエゴマの葉のキムチ漬けがあり、それを青ジソで応用したそうです。


*月刊『現代農業』2021年7月号(原題:絶品 青ジソのキムチ漬け)より。情報は掲載時のものです。