現代農業WEB

(滋賀から)酒粕風呂で体ぽかぽか&お肌つるつる

酒粕風呂で体ぽかぽか&お肌つるつる

 甲賀市の稲作農家・中村万一郎さんは、寒い季節を元気に乗り切るために酒粕風呂に入っています。

 近所の酒蔵から分けてもらった酒粕を、布の巾着袋ににぎりこぶしほど入れ、お風呂に浸してギュッギュッと揉んで溶かせばできあがり。酒粕を溶かしたお湯はうっすら白く濁り、ほんのりお酒の香りがするそうです。血行促進効果で風呂上がりもポカポカ湯冷め知らず、お肌ツルツルで美容効果もバッチリです。市販の入浴剤より肌がツルツルになる気がするほどだとか。

 もちろん市販の酒粕でもできるので、酒粕風呂、寒い時期に試してみてはどうでしょうか。

*月刊『現代農業』2021年12月号(原題:酒粕風呂で体ぽかぽか&お肌つるつる)より。情報は掲載時のものです。